東京都中央区人形町の行政書士竹本竜一事務所

悩む時間は短く、心の負担は軽く、日常生活における法務手続き及び書類作成の専門家が、あなたの不安を少しでも和らげて有益な時間を確保するお手伝いを致します。

行政書士竹本竜一事務所

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-3-5-307

☎お問い合わせは下記受付時間内    

080-7094-0942

受付時間

平日:10:00~21:00      
土日祝:9:00~17:00
365日対応しています。 

メール問い合わせは24時間受付

墓じまい・改葬について

墓じまい・改葬について

墓じまい・改葬とは

墓じまいとは

現在あるお墓を撤去して墓所を更地に戻し、墓地管理者に使用権を返還することです。

改葬とは

現在あるお墓から他のお墓へ遺骨を移すことです。

 

改葬の手続きについて

  1. 改葬については後に揉め事にならないよう家族及び親族に意思を伝えて、同意を得るこ  とも大切です。(改葬先の場所、合祀など埋葬タイプについて、個別の考え方及び慣習について等)
  2. 改葬元のお墓の管理者に改葬を検討している旨及び事情などを正しく伝えて、了承をしてもらいます。お墓の撤去費や離檀料及び魂抜きの法要(閉眼供養)などの確認もしておきます。
  3. 改葬先との契約及び「受入れ証明書」「永代使用許可証」などを発行してもらいます。
  4. 改葬元のお墓を管轄する市区町村の役所で「改葬許可申請書」を取得します。(申請書は遺骨一体につき一枚必要)この際、申請時に添付する書類などの確認(各自治体ごとに手続き等に違いがある為)もしておきます。
  5. 添付書類の収集と申請書への記入をします。申請書に埋蔵証明欄がある場合は改葬元のお墓の管理者に記名押印を、申請書に埋蔵証明欄が無い場合は埋蔵証明書を発行してもらいます。
  6. 必要書類一式を改葬元のお墓を管轄する市区町村の役所へ提出します。
  7. 改葬許可が下りたら石材店への依頼と、改葬元及び改葬先の管理者へ連絡して日程の調整をします。
  8. 当日、閉眼供養をしていただき、遺骨を取り出します。ご住職へのお布施をお渡しします。
  9. 改葬先の管理者へ改葬許可証を提出して納骨します。開眼供養の際、お布施が必要になります。

 

改葬許可が必要ない場合について

 

  • 分骨する場合(分骨する場合には墓地等の管理者から分骨証明書を取得し分骨先の墓地等管理者に提出する。火葬後の分骨については斎場で火葬の事実を証する書類の発行を受ける)
  • ご遺骨が土に還りなくなっていると考えられる場合(遺骨が残っている可能性がある場合は掘り起こす前に許可が必要)
  • 火葬後、自宅保管していた遺骨を墓地に戻す場合(火葬許可証にて納骨)
  • 墓地から遺骨を自宅へ移す場合